最新更新内容
2016/03/06 現代のアナル指南を更新しました。

SMというとまっさきに蝋燭や鞭などの道具を用いたものが思い浮かぶと思うが、実際のところ徒手によるSMプレイも高い人気を誇っている...

コンテンツページ
コンテンツ

時は昭和へ-戦争と風俗- 更新日:2016年03月05日

時は昭和へ移り、世界が戦争の時代に突入するにつれて、
人々の中で国や軍に従事するものが優遇される風潮になる。
これは、男性と女性の性的関係にもいえることで、戦争兵士である男連中の性的欲求を、
国単位で対応する、現代でいったら、いささか異常とも言える流れが出来上がっていた。
その代表的な施策のひとつとして、近年、某府知事の問題発言でもトピックとして取り上げられた従軍慰安婦の存在がある。
戦争の拡大に伴い、東南アジアを中心に、慰安婦として、
実に多くの女性が強制的に連行され、また、多くの男性の性的奴隷にされたことは、
いまだ解決していない大きな歴史問題として、これからも議論され続けるだろう。

そして、第二次世界大戦が終わりを告げ、日本に多くのアメリカ兵が常駐するようになると、
今度は、彼らへ向けた性的欲求の解消の施策を日本が考えることとなった。
通称RAAと呼ばれたその施設は、平たくいうと、アメリカ兵専用売春宿。
これは、個人が行っていたこれまでの売春とは違い、国が女性を雇い、合法的に風俗業を運営していたことになる。
また、ここで働く女性も、みな高待遇の労働環境に憧れ、自主的にこの国の施策に賛同したものだった。
国が風俗を企画・運営し、また、国民がそれに賛同した驚くべき歴史である。